20161209

やさしい玄関灯


出掛けて帰宅が夕方以降になる予定の時、チューネンCが在宅していれば、暗くなったら猫たちに電気つけてやってね、と言いおきます。

きのうもそうでしたが、なんと玄関灯まで点いていました。
このところここは電気をつけてなかったんだけれど。
でも、迎えられてるようで悪い気はしませんでした。

玄関灯ってふつうはどうなんだろう?
一晩中点けておくもの?それとも寝る時に消すのかな?
昔は朝まで点けていたこともありましたっけ。

そう言えば玄関灯に関しては何度か書いてましたね。
真っ暗な隣近所
玄関灯を割り切る

☆Web拍手ご返事
飛行機雲がそんなに見えるということは空が広いんですね、きっと!

20161208

お揃いのごはん茶わん


猫たちのごはん茶わんを新調しました。
初心にかえってみんなお揃いに。
ハッカがいた頃は今までモスが使っていた茶色のダイス柄のをお揃いで使っていたものね。

形としては、やはりシリアルボウルのようなものが食べやすく洗いやすくしまいやすくて一番いいと思います。
その線で探して見つけたのがこちら
猫の茶わんとして使うなんて、メーカーさんには申し訳ないかもしれないけど。

形は底面が前よりやや広くなり、一層食べやすいかもしれません。
色も柄もシックでとても素敵です♪
←クリックで拡大。

これに決める少し前に、このシリーズの猫用フードボウルを今にも購入するところでした。(実はいったん買ったけどすぐにキャンセルさせていただいた)
というのも、家の猫たちにはボウルの口径11cmではなんとも窮屈に感じたから。。。ごはん台の上に乗っけるモスとオマリのは低いタイプのもの、ザラには高台の付いたもの、と楽しく想像したんですが、残念です。
ザラにだけLサイズの高台付きなら大きさはたぶん良かったけど、お揃いにすると決めたのでね。

☆Web拍手ご返事
詩吟!それはまた渋いですね〜!

20161207

『超入門!落語 THE MOVIE』


たまたま見たNHKの『超入門!落語 THE MOVIE』、なんとも言えずおもしろかったです。
落語にはそれほど興味を持っていなかったですが、ああしてドラマ化というかわかりやすくビジュアル化されると、つい見入ってしまう。

大昔、まだ私が幼稚園にも上がってないような子どもの頃、祖父母宅に泊まることがよくあり、そんな日のある夜、祖父と祖母が掘り炬燵に入っていて、ラジオでは浪曲が流れていました。
そういう落ち着いた静かな時間を思い出させるような番組です。
あ〜〜古いなあ。古過ぎる思い出ですが。

☆Web拍手ご返事
○なにしろモスはダブルコートですからね。冬はあったかいと思います〜。夏はたいへんだけど!
○ニトリでは適当な器が見つかりませんでした〜。他で調達したので届いたら載せますね!

20161206

さすがのオーラ


オマリのごはん茶碗、粗忽なことにまた割ってしまいまして。。。
ファイアーキングのシリアルボウルは調達がむずかしいし、いっそ3猫全員分のごはん茶碗を買い替えようかと考え、近所のニトリに物色に行きました。

話はごはん茶碗のことではないんです。
そのニトリで遠目に習い事の講師の一人を発見!
超イケメンさんなのですが、やはりそういう場で客観的に拝見するとオーラがかかっているように光り輝いて見えましたデス。

講師と言っても彼はセーネンBと同い年。
でもすでに10歳ぐらいのお子さんもいるんですねー。
声を掛けたところ、その時は奥様がご一緒でした。
ふだんから生活感が感じられない人だから、この時は実に新鮮な出会いでしたね。

写真は来るなと威嚇されているオマリ。
こういう時は威嚇しつつ結局モスが逃げてしまうんですが。

☆Web拍手ご返事
モスもオマリもそれぞれ難解ですよね。

20161205

どんな心理


毛布ベッドの時もそうでしたが、ザラが使うとオマリはとたんに使うのをやめます。まるでザラに遠慮しているように見えるんです。

私のふとんに入っている時も、後からザラが入って来ると大慌てで出て行きます。
その後、暖房していない、湯たんぽすらセットしてない寝室に置いてある昔使っていたペラッペラにへたった、なぜかお気に入りの手作り猫ベッドに落ち着くんです。
脂肪が多いから心配するほど寒くはないのかもしれないけど。

これ、どんな心理なんだろう?
逆にモスには遠慮するどころかドカドカ近づいて行って嫌われてる訳ですが。

☆Web拍手ご返事
○う〜ん できればザラは毛布ベッドでお願いしたいな〜
○認知症ですか〜。いろいろありますね。無理はしないようにしてくださいね。